ジェントルマンの伝統生きる、ラグビーの歴史に学ぶ

 ラグビーワールドカップの優勝トロフィーが「ウェブ・エリス・カップ」と呼ばれるのをご存じでしょうか。ウェブ・エリスは英国のラグビー校に在籍していた少年です。1823年、エリスがフットボールの試合中にボールを抱えて走ったのが、ラグビーの起源だというのが「エリス伝説」です。


 実際には、当時のフットボールのルールは統一されておらず、手を使うのは珍しいことではありませんでした。逆に数あるフットボールの一つでしかなかったラグビー校の球技がラグビーとして有名になったのは、当時の古い型を守ったからなのです。

1863年にフットボールのルール統一が行われ、現在のサッカーができ上りました。足だけを使うこの新しい球技に背を向け、ボールを持って走り続けたのが、ラグビーです。ラグビー校式のルールを支持する人たちが集まり、1871年にラグビー・フットボール・ユニオンが結成され、正式にラグビーという競技が誕生することになりました。


 サッカーでルール統一と世界各地への普及が進んだのに対し、ラグビーは13人制のリーグが分裂するなど、普及は遅れました。ワールドカップの開始年はサッカーが1930年、ラグビーは1987年です。でもだからこそ、英国のジェントルマンのスポーツとしての伝統が継承されたのだとも言えます。激しいプレーの応酬は、相手の善意を前提にしています。

流山ラグビークラブ”グレイトホークス”が大切にするものも、相手への尊敬を重んじるラグビーの伝統です。


日本では、1866年に設立された横浜フットボールクラブがアジア初のラグビークラブとして世界ラグビー博物館に認定されました。また、日本ラグビーフットボール協会は、1899年の慶應義塾が日本ラグビーの発祥だとしています。


日本のラグビーは大学スポーツとして発展し、全国高校ラグビー大会は2020年度で第100回を迎えるまでになりました。また私たちが楽しんでいるタグラグビーが2010年に小学校の学習指導要領に掲載されるなど、さらなる広がりを見せています。

(江戸川大学マスコミ学科、青木力)


【参考】

笹川スポーツ財団  

https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/dictionary/rugby.html#:~:text=%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AF1820,%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82


「競技規則」ラグビーユニオン

https://laws.worldrugby.org/?charter=all&language=JA


一般社団法人日本ラグビーリーグ協会

https://www.japaneserl.com/13%E4%BA%BA%E5%88%B6%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%81%AF/


YC&AC

https://ycac.jp/wp/historyjp/