流山ラグビークラブ規約

第1条(名称および所在地)

(1)本クラブは流山ラグビークラブ(以下クラブという)と称する。

(2)クラブの事務局は代表宅に置く。

(3)クラブは千葉県ラグビーフットボール協会に加盟している。

第2条(クラブ理念)

(1)こどもたちと、ラグビーに携わるすべての人々に、ラグビーを心の底から楽しめる環境を提供する。

(2)独自の活動を通じて、流山市民とラグビーの調和、流山市の良質なまちづくりとスポーツ分野および教育分野の発展に貢献する。

第3条(目的)

流山ラグビークラブでは、次世代を担う子どもたちに、“One for All, All for One (一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために)”“No side(ゲームが終われば敵味方は関係なく相手を敬い尊重する)”の精神を持つラグビーを通して、楽しさを提供することを目的とします。

第4条(活動)

クラブは、前条の目的を達成するために次の活動を行う。

(1)ラグビーフットボールおよびタグラグビーの指導・練習。

(2)他ラグビースクール等との交流試合及び親睦。

(3)ラグビーフットボール協会行事への参加及び試合観戦。

(4)野外活動(合宿、レクリエーション等)。

(5)その他、目的達成に必要な活動。

第5条(活動方針)

(1)スポーツを楽しむ姿勢を率先垂範し、怪我・安全面を最大限に配慮する
(2)挨拶をはじめとする、広範なコミュニケーション能力を行う

(3)ラグビー精神を体得する(“One for All, All for One”、“No side“)
(4)健全なスポーツ能力の向上をはかり、競技としてのラグビーの技能・技術を体得する
(5)自立・自律のできる個人を育成する。

第6条(会員)

クラブの会員は、原則、流山市とその周辺区域の小学生及び幼児とする。但し、他地域からの希望があれば、入会させる事ができる。

第7条(父母会)

会員の父母を父母会会員とする。クラブの運営は次条の役員が行い、父母会はこれを援助する。

第8条(役員)

クラブ運営の為、次の役員を置く。

(1)代表、副代表、運営委員長及び運営委員、指導委員長及び指導員。

(2)父母会会長、副会長及び委員。

第9条(役員の選出)

毎年3月期に総会を開催し総会において役員を選出する。任期は1年とし再任は妨げない。

第10条(役員の任務)

各役員は下記の任務を行う。

(1)代表はクラブを代表して管理・運営及び指導の全般を司る。副代表は代表を補佐する。

(2)運営委員長は運営委員と共に会活動全般の管理、運営を行う。

(3)指導委員長は指導委員と共に会員の練習、試合等の技術指導を行う。

(4)父母会会長、副会長は、父母会を代表し会の運営に協力する。

(5)父母会委員は、父母会会長、副会長の指示により会の運営に必要な業務を分担する。

(6)クラブ役員は少なくとも年に2回総会を開き、運営事項、安全及び指導対策等活動に必要な事項について協議を行う。

第11条(会費及び会計)

クラブ活動を維持するために次の会費を徴収する。

(1)クラブの運営に必要な費用は会費を以って賄う。会費とその徴収方法は別途定める。

(2)入会の際、スポーツ安全保険に加入するため、保険加入費用(800円/年)を徴収する。会費以外に日本ラグビーフットボール協会登録費用(個人登録分)、用具購入、遠征・合宿等にかかる経費、当クラブ活動を行うことを目的に使用する施設利用料等については、会員の合意の上、別途会費を徴収する。

(3)既納の会費は返還しない。

第12条(保険)

(1)クラブ会員は、クラブが指定するスポーツ安全保険に加入する。クラブ活動に従事しているときに、クラブ会員が理由の如何を問わず、負傷または死亡した場合には、当スポーツ安全保険で付保される範囲内で補償を受けるものとし、当クラブ会員及びその保護者、コーチ等は一切の責任から免除される。

(2)クラブ会員を指導する役員、指導員及び父母会会員は、全て無償の奉仕活動を行っているものであり、クラブ活動及びこれに関連する行動全てにおいて発生した傷害及び死亡事故等に対しては上記スポーツ傷害保険の範囲で解決するものとし、それ以外に会や特定の指導員または父母会員に対して一切の保障や法的責任を求めない事を誓約し、これを体験および入会の条件とする。

第13条(寄付金)

本グラブの活動への寄付金は随時受け付けるものとする。

第14条(入会および会員のモラル)

入会は、代表の承認を経て随時これを認める。クラブ会員は下記のことを遵守する。

(1)クラブの規約およびクラブで決定する事項を守ること。

(2)ラグビーの精神を大切にし、相手を思いやり、チームワークを守り、クラブに関わる全ての人が明朗快活となるよう楽しい雰囲気の中にも真面目な行動をとること。

 

第15条(退会)

自主退会は、随時これを認める。

クラブの秩序を乱す者の強制退会に関しては、該当する事象が発生した都度総会を開催し、この総会において決定する。

 

第16条(賛助会員)

総会の承認により、当クラブの趣旨に賛同し、活動を支援する賛助会員を置くものとする。

第17条(個人情報)

当クラブに提供された個人情報は、当クラブ活動を運営する目的の範囲内で利用するものとし、個人情報保有者の同意がある場合または正当な理由がある場合を除いて、第三者に開示しない。

第18条(運営)

具体的な運営に関しては、総会の協議によってこれを決定する。

(補則)

その他必要な事項は、別途定めるものとする。また、上記に定めた規約は、総会の協議により随時、変更、追加、削除できるものとする。

​2020年7月1日 制定

2020年7月5日 改定

2020年8月17日 改定

​2020年9月7日 改定

Copyright 2021 NAGAREYAMA GREAT HAWKS. All rights reserved.

  • Twitter